虎キチのお城グルメ旅巡り

タイガースファンの気まぐれ城グルメ旅巡り

続日本100名城21回目白石城跡(宮城県)(2021年6月12日)

① 日時 2021年6月12日
② 場所 JR東北本線 白石駅から徒歩約10分
〒989-0251 宮城県白石市益岡町1−16
③ コメント
日本100名城の105番です。

この日は、仙台に宿泊し、在来線でJR白石駅に来ました。昨日も在来線で通ったのですが、仙台で用事があったので戻る形になりました。JR白石駅で情報収集かねて観光案内所を覗いてみました。白河駅と二本松駅では、100名城のスタンプが押せたのですが、白石城は、天守閣のみとのことでした。

f:id:Tigers1223:20210621125650j:image

随分前のNHK大河ドラマですが、独眼竜政宗で初めて片倉小十郎を知り、片倉家の居城である白石城には、一度来たいと思ってました。駅前の道をまっすぐ進み、駐車場にぶつかりそこをそのままつっきり、左に入ると白石城の入口になります。

f:id:Tigers1223:20210621191158j:image
f:id:Tigers1223:20210621191143j:image
f:id:Tigers1223:20210621191148j:image
f:id:Tigers1223:20210621191138j:image

石垣を見ながら坂を上ると歴史探訪ミュージアムが見えてきました。

f:id:Tigers1223:20210622185801j:image

こちらで天守閣の入場券が売ってました。続日本100名城のスタンプは、入場料を払わないと押せないようです。過去、スタンプを押すのに入場券の支払いが必要であったのは、諏訪の高島城以来です。

f:id:Tigers1223:20210622190122j:image

ミュージアムでは、天守閣の入場券のみ購入し、天守閣へ向かいました。すぐに天守閣は見えて来て、門をくぐり広場になってました。

f:id:Tigers1223:20210622190427j:image
f:id:Tigers1223:20210622190501j:image
f:id:Tigers1223:20210622190442j:image
f:id:Tigers1223:20210622190456j:image
f:id:Tigers1223:20210622190451j:image

本丸御殿があった広場には片倉小十郎景綱の碑がありました。

f:id:Tigers1223:20210624122148j:image
f:id:Tigers1223:20210624122143j:image

広場を進み、天守閣に向かいます。

f:id:Tigers1223:20210624185347j:image

石段を上り、入口で入場券を渡して中に入るとすぐにスタンプがありました。

f:id:Tigers1223:20210624185518j:image

まず、天守閣の上まで先に上ることにしました。白石の街が一望でき、四方向で見ました。

f:id:Tigers1223:20210624190055j:image
f:id:Tigers1223:20210624190104j:image
f:id:Tigers1223:20210624190131j:image
f:id:Tigers1223:20210624190113j:image
f:id:Tigers1223:20210624190107j:image

天守閣から下に戻りました。

f:id:Tigers1223:20210627155513j:image
f:id:Tigers1223:20210627155533j:image
f:id:Tigers1223:20210627155507j:image

真田信繁の娘と片倉家の逸話の説明がありました。大阪夏の陣でこのような秘話があったとは知りませんでした。

f:id:Tigers1223:20210627155745j:image

当時の地図や片倉家の年表、政宗との逸話も記されてました。

f:id:Tigers1223:20210627160014j:image
f:id:Tigers1223:20210627160030j:image
f:id:Tigers1223:20210627160109j:image

外の敵を攻める為の狭間、石落としの説明がありました。

f:id:Tigers1223:20210627160345j:image
f:id:Tigers1223:20210627160325j:image

城のレプリカ、兜も飾られてました。

f:id:Tigers1223:20210627160559j:image
f:id:Tigers1223:20210627160543j:image

 

ja.wikipedia.org

仙台藩の南の要衝であり、関ヶ原の戦い後、明治維新までの260余年間、伊達家の重臣片倉氏の居城となりました。 明治7年に解体されましたが、伊達政宗の片腕として名をはせた片倉小十郎景綱の偉業を偲び、平成7年に三階櫓(天守閣)と大手一ノ門・大手二ノ門が史実に忠実に復元されました。 市の中心部に位置し、白石市のシンボルとして親しまれている白石城。慶長7年(1602)以降、仙台城の支城として伊達家家臣・片倉氏が代々居城し、元和元年(1615)の「一国一城令」後、例外的に存続が認められました。

④ スタンプの場所

白石城天守閣(有料施設内)

f:id:Tigers1223:20210624185828j:image
f:id:Tigers1223:20210624185803j:image

 

 

 

⑤ その他

天守閣の入場券を支払わないとスタンプは、押せません。

 

www.shiro-f.jp

 

 

たんや善治郎善治郎 牛たん通り店(2021年6月13日)

① 日時 2021年6月13日
② 場所 JR仙台駅新幹線中央改札口を出て右側徒歩1分

tabelog.com

③ コメント

今日は、阪神楽天戦観戦後、スタジアムからシャトルパスで仙台駅へ歩き、駅のビルの中にある牛タン通りに来ました。帰りの新幹線の時間まであり、一番並んでいた「たんや 善治郎」にしました。午後4時半頃にもかかわらず30分くらい並びカウンターの席に座ることができました。人気店でもありますが、店内あまり広くなくコロナ禍で席を間引きしていることも入るのに時間かかった理由かと思います。

f:id:Tigers1223:20210707185648j:image
まず、喉を潤したくエビスのビンビールを注文し、メニューを見ました。

f:id:Tigers1223:20210707190152j:image

f:id:Tigers1223:20210707185947j:image
f:id:Tigers1223:20210707185951j:image
f:id:Tigers1223:20210707190003j:image
f:id:Tigers1223:20210707185957j:image
f:id:Tigers1223:20210707190134j:image

ここは、量より質と上撰極厚真中タンを単品、仙台長なす漬け、タン辛味ユッケ風、そして牛タンつくねをたのみました。

f:id:Tigers1223:20210708122029j:image
f:id:Tigers1223:20210708122036j:image
f:id:Tigers1223:20210708122041j:image
f:id:Tigers1223:20210708122045j:image

上撰極厚真中牛タンは、名前の通り極暑い厚てあるだけでなく、食感、弾力、味もしっかりしており上撰の価値がありました。もちろんビールともバッチリ合います。また、肉ばかりで口直ししたかったのでナスの漬物注文しました。東北ということもあり、少々しょっぱかったですが、お酒のつまみとしてもいいと思います。

私は、ユッケが大好きなのですが、最近食べれる所がめっきり減り、今回タンのユッケですが、即断で頼みました。ピリッと辛味もありビールにとても合いました。タンのつくねは、生卵につけて食べました。普通のつくねと違うのは、タンの味わい、食感もそれなりに残ったつくねに仕上がってました。

仙台駅直結ですので利便性もありおすすめです。

www.tanya-zenjirou.jp

日本100名城38回目山形城跡(山形県)(2021年6月13日)

① 日時 2021年6月13日
② 場所 JR奥羽本線山形新幹線 山形駅から徒歩約10分
〒〒990-0826 山形県山形市霞城町3
③ コメント
日本100名城の10番です。前日の夜に仙山線で山形入りし、宿泊しました。事前に今回宿泊したキャッスル山形で無料でレンタサイクルができるという情報があったので、チェックインの際にレンタサイクルのことをたずねると後一台予約が入っていないとのことでした。予約した方がいいようです。また、9時から各施設開くようなので8時30分から借りたいと聞いたところ、市でレンタサイクル管理しているため、9時からでないと貸せないとのことでした。翌日朝9時にレンタサイクルを借りて山形城に向かいました。山形城までは、ホテルから徒歩20分くらいなのでそれなりに距離は、あるのですが、自転車をこいですぐに山形城三の丸土塁跡がありました。当時は、かなり広かったのですね。

f:id:Tigers1223:20210701190907j:image
f:id:Tigers1223:20210701190913j:image

ここから5分くらい自転車を漕ぐと霞城公園に着きました。こちらは、山形城跡の公園です。

f:id:Tigers1223:20210705121242j:image

橋を渡り、二ノ丸東大手門から入りました。

f:id:Tigers1223:20210705121444j:image
f:id:Tigers1223:20210705121440j:image
f:id:Tigers1223:20210705121447j:image
f:id:Tigers1223:20210705121436j:image

入ると広場に山形の礎を築いた最上義光ノ像がありました。

f:id:Tigers1223:20210705121658j:image
f:id:Tigers1223:20210705121702j:image

自転車で中に入れそうなのでさらに進み、石垣、本丸一文字門、本丸へと向かいます。

f:id:Tigers1223:20210705121932j:image
f:id:Tigers1223:20210705121940j:image
f:id:Tigers1223:20210705121945j:image
f:id:Tigers1223:20210705121936j:image
f:id:Tigers1223:20210705121948j:image

本丸の中に入ると、本丸一文字門石垣復原事業で今後含めするようです。

f:id:Tigers1223:20210705122230j:image

立派な石垣は、既にありました。

f:id:Tigers1223:20210705122315j:image
f:id:Tigers1223:20210705122311j:image

また、最上義光の像の広場に戻り、二ノ丸大手門内櫓に行きました。こちらで日本100名城のスタンプを押しました。こちらには、山形城復元模型がありました。

f:id:Tigers1223:20210705193015j:image
f:id:Tigers1223:20210705193020j:image
f:id:Tigers1223:20210705193024j:image

白石城にもあった石落とし、最上氏の他の城で直江兼続との戦で有名な長谷堂城や成沢城のせつめいがありました。

f:id:Tigers1223:20210705193324j:image
f:id:Tigers1223:20210705193331j:image
f:id:Tigers1223:20210705193328j:image

その他にも最上義光NHK大河ドラマの天下人の展示もありました。

f:id:Tigers1223:20210705193528j:image
f:id:Tigers1223:20210705193523j:image

この後、霞城公園内にある最上義光記念館へ行きました。こちらにも日本100名城のスタンプがあり入口にありました。
f:id:Tigers1223:20210706120850j:image

出羽最上氏の系図がありました。由緒ある家柄とわかります。

f:id:Tigers1223:20210706121200j:image

義光が寵愛し、絶世の美女であり、また、悲劇の最期をとげた娘の駒姫の説明がありました。かなり昔見た大河ドラマ独眼竜政宗で駒姫の存在を知り、その当時から歴史に飲み込まれ義光の悲しみと秀吉へのその後将来に渡り恨み続けたと言われてます。

f:id:Tigers1223:20210706121627j:image

f:id:Tigers1223:20210706121639j:image

その後は、山形城の修復の状況、最上家、最上義光の説明等ありました。

f:id:Tigers1223:20210706121908j:image
f:id:Tigers1223:20210706121915j:image
f:id:Tigers1223:20210706121911j:image
f:id:Tigers1223:20210706121919j:image
f:id:Tigers1223:20210706121922j:image

最上氏の侵攻、領土の拡大、また、上杉軍の侵攻の模様もありました。
f:id:Tigers1223:20210706122218j:image
f:id:Tigers1223:20210706122214j:image
f:id:Tigers1223:20210706122210j:image

  

ja.wikipedia.org


山形市街地のほぼ中央に位置。延文元年(1356)に羽州探題として山形に入部した斯波兼頼(最上家初代)が築城したのが始まりと伝えられ、現在の城郭は第11代城主最上義光(1546~1614)が築いたものが原型とされてます。本丸・二ノ丸・三ノ丸の三重の堀と土塁で囲まれた輪郭式の平城。出羽の関ヶ原合戦「長谷堂合戦」で城郭が霞で隠れて見えなかったことから「霞ケ城」とも呼ばれてました。1875年(明治8年)建物は解体されたが、現在残っている二ノ丸の堀や土塁・石垣は、最上家改易後、元和八年(1622)に城主となった鳥居忠政により整備されたと伝えられる。二の丸東大手門は明治時代に喪失していたが、1991年に市制100周年記念事業として木造建築様式で復元されました。

④ スタンプの場所

①二ノ丸大手門櫓内

f:id:Tigers1223:20210706122434j:image
f:id:Tigers1223:20210706122438j:image
山形市郷土館
最上義光歴史館

f:id:Tigers1223:20210706122502j:image

日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき

日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき

  • 発売日: 2012/04/10
  • メディア: 単行本
 

⑤ その他

城へ行くにも公園から城内見るのにもレンタサイクルは、便利でした。市内数カ所で無料で借りられるのでおすすめです。

 

www.city.yamagata-yamagata.lg.jp

 

 

光庵 で白石温麵(うーめん)を食しました。(2021年6月12日)

① 日時 2021年6月12日
② 場所 JR東北本線白石駅徒歩8分

tabelog.com

③ コメント
日本100名城白石城に行った後、白石名物温麺を食すべくこちらの来ました。白石城からは、10分弱で着きました。こちらは、製麺会社きちむ製麺直営で、宮城のミシュランガイドに出たこともあるそうです。きちみ製麺のお店の裏にありました。

f:id:Tigers1223:20210627164148j:image
f:id:Tigers1223:20210627164157j:image
店は、空いたばかりでお店には、お客様はいませんでした。好きな席にどうぞと言われカウンターに座りました。

お店の人に初めて食べるのですがおすすめを聞いたところつゆ三種類で楽しめる三味うーめんを勧められました。夏のメニューも含めいろいろありましたが、こちらにしました。だれが、めんつゆ、くるみだれ、ごまだれと三種類付きいろいろ楽しめそうです。

f:id:Tigers1223:20210627164751j:image
f:id:Tigers1223:20210627164807j:image
f:id:Tigers1223:20210627164739j:image

店の中は、古い民家のようで、サインもいっぱい貼ってありました。

f:id:Tigers1223:20210629112529j:image
f:id:Tigers1223:20210629112532j:image
f:id:Tigers1223:20210629112525j:image

しばらくすると注文した三味うーめんが来ました。香の物、マカロニサラダ、薬味は、ネギとショウガでした。麺の上には、カイワレと海苔がのってました。

 

温麺(うーめん)は、ソーメンは、生地をのぼすさいに油を塗るようですが、温麺(うーめん)は、でんぷんをかけ製麺するそうです。

初めは、左からめんつゆにつけ食べてみました。触感は、ソーメンとよく似ていてめんつゆは、鉄板の味です。次にクルミダレです。この中でクルミダレは、普段食べませんがクルミの風味があり違った味わいです。三番目にゴマだれに行きました。ゴマだれは、しゃぶしゃぶなどでもつけますので馴染みの味です。

三種類のタレを交代に食し、あっという間に完食しました。

食事の後は、きちみ製麺の販売所でお土産を買って帰りました。

www.tsurigane.com

日本100名城37回目二本松城跡(福島県)(2021年6月11日)

① 日時 2021年6月11日
② 場所 JR東北本線 二本松駅から徒歩20分
〒964-0904 福島県二本松市郭内3丁目、4丁目
③ コメント
日本100名城の11番です。小峰白河城を見た後、JR白河駅より在来線でJR二本松駅に来ました。

f:id:Tigers1223:20210616182831j:image
二本松城の入口まで徒歩20分でそこから本丸までさらに15分ということとJR二本松駅でレンタサイクルを借りられるという情報があったので駅に着くと観光案内所に向かいました。こちらでは、二本松城のスタンプもありこちらでスタンプも押しました。

f:id:Tigers1223:20210616182857j:image

駅の観光案内所で二本松城までは、坂の多い町で急な上り坂を歩きまた下る道のりと言われ^ました。それで電動自転車があるか聞いたところすべて電動自転車とのことでどうにか急な坂も対応出来ることがわかりました。また、本丸まで行くことは、できるがそこまで自転車で上る事は勧めないとのことで二本松城の入口まで自転車その後は、歩くことにしました。ちなみにレンタサイクル代は、300円でした。

早速、自転車に乗り駅のロータリーを通り出発です。すぐに坂道になり、大手門跡がありました。

f:id:Tigers1223:20210616183251j:image
f:id:Tigers1223:20210616183244j:image

急な坂を上り、上りきるとすぐに急な下りでした。電動でなければ私には、上ることはできません。自転車でしたので10分ほどで着きました。入口の横に自転車を止め、中に入りました。箕輪門をくぐり立派な石垣がありました。

f:id:Tigers1223:20210616183646j:image
f:id:Tigers1223:20210616183642j:image
f:id:Tigers1223:20210616183650j:image
f:id:Tigers1223:20210616183625j:image

ここから本丸までは、15分ほどとのことです。三ノ丸、丹羽光重の命により造られた二合田用水、智恵子抄詩碑、、新城館と見ながら進みました。

f:id:Tigers1223:20210617122139j:image
f:id:Tigers1223:20210617122153j:image
f:id:Tigers1223:20210617122147j:image
f:id:Tigers1223:20210617122158j:image
f:id:Tigers1223:20210617122205j:image
f:id:Tigers1223:20210617122142j:image


新城町を少し先に進むと搦手門跡がありました。立派な石垣がありました。森が眩しく空気が美味しく感じます。

f:id:Tigers1223:20210617191622j:image
f:id:Tigers1223:20210617191613j:image

また、少し戻りそのまま進み、井戸と大きな本丸の石垣が見えて来ました。

f:id:Tigers1223:20210617191811j:image
f:id:Tigers1223:20210617191823j:image
f:id:Tigers1223:20210617191818j:image

本丸下の乙森に来て、本丸へ石垣島を見ながら上りました。

f:id:Tigers1223:20210617192042j:image
f:id:Tigers1223:20210617192036j:image


上りきると本丸です。景色が素晴らしいです。本丸の近くに戊辰戦争の自尽の碑がありました。

f:id:Tigers1223:20210621080937j:image
f:id:Tigers1223:20210621080933j:image
f:id:Tigers1223:20210621080942j:image

西櫓台から周りの景色を堪能しました。当時も本丸からこのように見えたのか想像しました。

f:id:Tigers1223:20210621112316j:image
f:id:Tigers1223:20210621112308j:image
f:id:Tigers1223:20210621112303j:image
f:id:Tigers1223:20210621112331j:image

 

ja.wikipedia.org

二本松市街地の北に位置する平山城で、別名「白旗城・霞ヶ城」で霞ヶ城は、公園の名前にもなってます。江戸時代は二本松藩主丹羽氏の居城となる。戊辰戦争では奥州列藩同盟として新政府軍に攻められ落城、焼失。二階櫓・箕輪門・多門櫓はその後1982年に復元され、また1993年から本丸の修復、復元が行われ、天守台や本丸石垣も整備されました。

④ スタンプの場所

二本松市歴史資料館受付窓口〉

②JR二本松駅内観光案内所

f:id:Tigers1223:20210621112410j:image
f:id:Tigers1223:20210621112414j:image

f:id:Tigers1223:20210622121529j:image

 

日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき

日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき

  • 発売日: 2012/04/10
  • メディア: 単行本
 

⑤ その他

行くまで坂が厳しいですが、電動なので自転車借りるのをおすすめします。300円で借りれます。

 

www.nihonmatsu-kanko.jp

 

日本100名城36回白河小峰城跡(福島県)(2021年6月11日)

 ① 日時 2021年6月11日
② 場所 JR東北本線 白河駅から徒歩5分
〒961-0074 福島県白河市郭内
③ コメント
日本100名城の13番です。
新幹線てJR東北新幹線新白河駅よりバスに乗りJR東北本線白河駅に行きました。10分ほどで着きました。まず、駅の横にあった駅の観光案内所に行きました。

f:id:Tigers1223:20210612204439j:image
f:id:Tigers1223:20210612204452j:image

事前にこちらでスタンプを押せることを調べ、ドアを開けるとすぐにスタンプが目につきました。白河城は、駅から見えるのですが駅のターミナルの反対側で、スタンプを押した後に行き方と地図をいただき出発しました。

少し行き、左に行くと線路の下をくぐり、お城に行けるようになってました。くぐったところには、白河の説明が貼られていて、簡単に白河小峰城他知ることができました。

f:id:Tigers1223:20210612205022j:image
f:id:Tigers1223:20210612205040j:image
f:id:Tigers1223:20210612205029j:image

反対側に渡り城に入りました。城は、城山公園の中にあります。中に入り、早速写真を撮りました。

f:id:Tigers1223:20210613105152j:image
f:id:Tigers1223:20210613105149j:image

城に向かうと清水門跡、城の木の門があり、桜の門跡、多聞櫓跡があり、白河の街を眺めました。

f:id:Tigers1223:20210613105506j:image
f:id:Tigers1223:20210613105457j:image
f:id:Tigers1223:20210613105510j:image
f:id:Tigers1223:20210613105500j:image
f:id:Tigers1223:20210613105453j:image

城に登り本丸御殿跡、三重櫓跡がありました。

f:id:Tigers1223:20210613105930j:image
f:id:Tigers1223:20210613105935j:image
f:id:Tigers1223:20210613105938j:image

三重櫓は、東北大震災で崩落し最近復元され中に入れるようになりました。スタンプもこちらで押すこともできます。

f:id:Tigers1223:20210613110336j:image
f:id:Tigers1223:20210613110418j:image
f:id:Tigers1223:20210613110316j:image
f:id:Tigers1223:20210613110356j:image
f:id:Tigers1223:20210613110406j:image
f:id:Tigers1223:20210613110423j:image
f:id:Tigers1223:20210613110324j:image
f:id:Tigers1223:20210613110310j:image

あいにく、コロナウィルスの影響で2階、3階の天守閣に上がることは、できませんでした。

f:id:Tigers1223:20210613110502j:image

一階から景色、また、石落としから下を撮りました。

f:id:Tigers1223:20210613111250j:image
f:id:Tigers1223:20210613111258j:image
f:id:Tigers1223:20210613111254j:image

また、逆の道を戻り、こちらには立派な門がありました。

f:id:Tigers1223:20210613111417j:image

この後、電車の時間までまだありましたのて、歴史館にも立ち寄ることにしました。歴史館の入口には、門•櫓の説明がありました。

f:id:Tigers1223:20210613111838j:image
f:id:Tigers1223:20210613111843j:image

歴史館に入るとこちらにもスタンプがありました。

f:id:Tigers1223:20210613111934j:image

 

こちらの歴史館は、結城氏から戊辰戦争白河口の戦いまで詳しく展示されてました。

f:id:Tigers1223:20210613112834j:image
f:id:Tigers1223:20210613112844j:image
f:id:Tigers1223:20210613112839j:image

私は、時間もあり10分ほどのビデオも見て歴史を学びました。

その後、徒歩でJR白河駅に行き、二本松へ向かいまさした。

f:id:Tigers1223:20210615121715j:image
f:id:Tigers1223:20210615121719j:image

ja.wikipedia.org

 

白河小峰城は、結城親朝が興国・正平年間(1340~1369)に小峰ヶ岡に城を構えたのがはじまりで、寛永9年(1632)に江戸時代の初代藩主、丹羽長重が4年の歳月を費やして完成させた梯郭式の平山城です。

寛政の改革で知られる松平定信をはじめ、7家21代の大名が居城しましたが、慶応4年(1868)戊辰戦争白河口の戦いで落城。約120年の時を経て、平成3年(1991)に三重櫓、平成6年(1994)に前御門が江戸時代の絵図に基づき忠実に木造で復元され、市のシンボルとして親しまれています。

 

④ スタンプの場所
⓵ JR白河駅観光案内所

f:id:Tigers1223:20210613112136j:image
f:id:Tigers1223:20210613112142j:image

白河小峰城三重櫓(こちらでも押せるようになりました。)

f:id:Tigers1223:20210613112301j:image
小峰城歴史館(公園内)
f:id:Tigers1223:20210613111934j:image

 

 

 

 

 

www.city.shirakawa.fukushima.jp




 

 

 

 

 

 

 

中山道69次ウォーク第三回目〈桶川宿ー熊谷宿〉2021年6月5日

今回は、前回終了した桶川駅からの出発です。駅前のロッテリアで朝食を食べた後準備運動をして中山道ウォーク開始です。

f:id:Tigers1223:20210610191001j:image
f:id:Tigers1223:20210610190955j:image
f:id:Tigers1223:20210610191013j:image

桶川宿は、江戸から出た旅人が最初に宿泊することが多かったようです。中山道を歩き出すとすぐに矢部家住宅、その後本陣跡がありました。こちらの桶川宿府川家本陣は、埼玉県内の中山道で唯一現存する本陣です。

f:id:Tigers1223:20210610191554j:image
f:id:Tigers1223:20210610191545j:image
f:id:Tigers1223:20210610191524j:image
f:id:Tigers1223:20210610191529j:image
f:id:Tigers1223:20210610191549j:image
f:id:Tigers1223:20210610191534j:image

 宿場には、本陣と、脇本陣2軒が置かれ、桶川宿の本陣職は府川家が勤めました。幕末には、水戸藩徳川斉昭がここに宿泊し、文久元年(1861)年に皇女和宮がここに宿泊したこともよく知られてます。

その先左には、中山道宿場館桶川市観光協会、お茶博士辻村みちよ碑、大雲寺があり、この辺りに桶川の一里塚があったようです。

f:id:Tigers1223:20210611074327j:image
f:id:Tigers1223:20210611074302j:image
f:id:Tigers1223:20210611074324j:image
f:id:Tigers1223:20210611074320j:image
f:id:Tigers1223:20210611074315j:image
f:id:Tigers1223:20210611074311j:image
f:id:Tigers1223:20210611074307j:image

この先は、京側の入口にあたる木戸跡があったようですが見つかりませんでした。現在は、その先に桶川宿碑がありました。

f:id:Tigers1223:20210611074805j:image

 桶川宿を出て、中山道を道なりに進み、本宿(北本)に入りました。この本宿は、かつて宿場があり、慶長9年(1604)に鴻巣に移転しました。

f:id:Tigers1223:20210611105832j:image
f:id:Tigers1223:20210611105836j:image

十三佛を見て多聞寺、東間浅間神社を過ぎ、人形の町でもある鴻巣宿に入ります。

f:id:Tigers1223:20210611110150j:image
f:id:Tigers1223:20210611110108j:image
f:id:Tigers1223:20210611110130j:image
f:id:Tigers1223:20210611110137j:image
f:id:Tigers1223:20210611110116j:image

鴻巣宿は江戸から7番目の宿です。
鴻巣宿碑、鴻巣本陣跡(標石のみ)とあり、鴻神社(こうじんじゃ)で家内は、御朱印をいただきました。

f:id:Tigers1223:20210611111031j:image
f:id:Tigers1223:20210611111023j:image
f:id:Tigers1223:20210611111017j:image
f:id:Tigers1223:20210611111003j:image
f:id:Tigers1223:20210611111028j:image
f:id:Tigers1223:20210611111040j:image
f:id:Tigers1223:20210611111008j:image
f:id:Tigers1223:20210611111036j:image
f:id:Tigers1223:20210611110958j:image
f:id:Tigers1223:20210611111012j:image

池元院を過ぎ、17号を左に入り、JR高崎線の踏み切りを越え、県道365号線を歩いていきます。

f:id:Tigers1223:20210611111402j:image
f:id:Tigers1223:20210611111351j:image
f:id:Tigers1223:20210611111357j:image

途中、白山神社を過ぎ、川幅うどん食べるため、右に少々入り17号沿いの小松やさんに立ち寄りました。

f:id:Tigers1223:20210611111701j:image
f:id:Tigers1223:20210611111656j:image

天付き川幅うどんを注文しました。見た目と異なり思ったよりコシのある麺で美味しくいただきました。

f:id:Tigers1223:20210611111838j:image
f:id:Tigers1223:20210611111848j:image
f:id:Tigers1223:20210611111843j:image

再び中山道に戻り、箕田観音、氷川八幡神社などを通り、道は日光へ向かう道との追分に着きました。

f:id:Tigers1223:20210611112127j:image
f:id:Tigers1223:20210611112123j:image
f:id:Tigers1223:20210611112119j:image
f:id:Tigers1223:20210611112116j:image
f:id:Tigers1223:20210611112112j:image

追分を左へ。江戸から十四里目の前砂の一里塚跡を通り、吹上に入りました。

f:id:Tigers1223:20210611112650j:image
f:id:Tigers1223:20210611112646j:image
f:id:Tigers1223:20210611112626j:image
f:id:Tigers1223:20210611112630j:image
f:id:Tigers1223:20210611112637j:image
f:id:Tigers1223:20210611112634j:image
f:id:Tigers1223:20210611112641j:image

さらに進み、吹上神社、権八延命地蔵を通り荒川が見えて来ました。

f:id:Tigers1223:20210611113041j:image
f:id:Tigers1223:20210611113018j:image
f:id:Tigers1223:20210611113037j:image
f:id:Tigers1223:20210611113029j:image
f:id:Tigers1223:20210611113021j:image
f:id:Tigers1223:20210611113025j:image
f:id:Tigers1223:20210611113033j:image

途中、元荒川の土手を歩くと土手下のマンション前に稲荷神社がありこの辺りに江戸から十五里目の久下の一里塚がありました。

f:id:Tigers1223:20210611113400j:image

土手から離れ、久下神社、吹上にあった権八地蔵、東竹院と通り八丁の一里塚跡がありました。

f:id:Tigers1223:20210611113844j:image
f:id:Tigers1223:20210611113840j:image
f:id:Tigers1223:20210611113849j:image

f:id:Tigers1223:20210611114203j:image
f:id:Tigers1223:20210611114157j:image
f:id:Tigers1223:20210611114208j:image

その後は、高崎線の踏切を横切り熊谷宿に入りました。今日は、ここで終了にし、JR熊谷駅から帰ることにしました。

 

www.jinriki.info